当館では、『大漢和辞典』を始めとする漢和辞典を発行する大修館書店が、漢字や漢詩・漢文などに関するさまざまな情報を提供していきます。

辞典・事典

辞典の書誌情報の書誌情報

『広漢和辞典』 全4巻

大修館書店HP商品ページへ

03080_見上げ

書斎・デスクの必需品

『大漢和辞典』を基本とし、専門家から一般社会人まで漢字文化の研究と理解に必要な漢字漢語を精選。
解釈には正確適切な用例・典拠を掲げ、全文に返り点、送りがな、難読字には読みがなを施し、漢文読解を容易にした。解字欄には甲骨文・金文を採録。「説文解字」の篆文はすべて収めた。音韻の変遷を示し、語家族を設定し語源を解明。親文字に番号を付し参照の便を図った。字体・かなづかいの新旧の相違も示した。
索引巻には、総画・音訓・中国語音・四角号碼索引のほか、熟語の五十音総索引を収める。

特色

◆『大漢和辞典』の姉妹編
親文字2万余字、熟語12万語。『大漢和辞典』を基本に、研究者から一般まで、漢字文化の研究と理解に必要な漢字漢語を精選した。国字・俗字・中国簡体字を加え、日本漢文の語彙・用例を補った。解字欄には甲骨文・金文・篆文の字体14000種を収録。

◆漢文の引用すべてに返り点・送りがな
親字文字・熟語の解釈にはみな正確適切な用例・典拠を掲げ、全文に返り点・送りがな、難訓字には読みがなを施し、漢文読解を容易にした。

◆字体・音韻の変遷がわかる画期的解字欄甲骨文・金文を採録。
『説文解字』の全篆文を収め、その解説を親字欄に掲げる。字形・音声変遷の研究成果を掲載、更に形音義の類似性に基づく語家族を設定して、漢字の語源を解明した。

◆引きやすく、読みやすい索引
親文字に一連番号を付け文字間参照の便を図ったほか、旧来の部首に加え、合理的な分類と新部首設定を行い、検索を容易にした。別冊索引には、総画・音・訓・中国語音・四角号碼等のほか、熟語の五十音順総索引を設け、徹底して使いやすい辞典を目指した。

◆現代人の言語生活に役立つ様々な工夫
常用漢字表準拠の正確な字体を採用、音訓・熟字訓を掲げた。字体・かなづかいの新旧、名乗・姓氏・地名の特殊訓の掲示など、現代生活に適合する多面的配慮。

  • facebookでシェア
  • twitterでシェア

一覧へ

前へ

次へ