当館では、『大漢和辞典』を始めとする漢和辞典を発行する大修館書店が、漢字や漢詩・漢文などに関するさまざまな情報を提供していきます。

読み物

特別記事

若き頃、漢和辞典の仕事に携わったこともある能楽師の安田登さんが、主体的に漢文を読み、“解凍”する際の、辞書とのつきあい方や『大漢和辞典』の魅力について説き明かします。

※この記事は、大修館書店のPR誌『辞書のほん』第14号(2014年7月発行)に掲載されたものです。
※記事はPDFです。ご利用の端末やブラウザによっては、閲覧・ダウンロードできない場合があります。

記事を読む

  • facebookでシェア
  • twitterでシェア

おすすめ記事

異能の人、辞書を読む。──『新漢語林 第二版』刊行記念インタビュー

永江朗さんと〝掘り出す〞大漢和辞典

〈まんが〉漢字狩り