当館では、『大漢和辞典』を始めとする漢和辞典を発行する大修館書店が、漢字や漢詩・漢文などに関するさまざまな情報を提供していきます。

新刊特集

新刊紹介

『社会人のためのビジュアルカラー国語百科』

大修館書店HP商品ページへ

社会人のためのビジュアルカラー国語百科

 

あらゆる疑問に答える教養の宝庫

源氏物語からメール、和食のマナーまで、これだけは知っておきたい国語の常識・伝統文化の知恵をこの一冊に収録。全750項目。カラー図版1,800点。見やすい大判。

編集部からのメッセージ

 本書は、漢字の使い分けは? 電子メールの使い方は? 故事成語ってどんなもの? 正しい宛名の書き方は? プレゼンのしかたは? 『源氏物語』ってどんなお話? 平安時代って何を着ていた? 村上春樹ってどんな人? 『こころ』ってどんな物語? 漢字ってどうやってできた? 『論語』ってどんな書物? ……など、“国語”に関わるあらゆる疑問に答える一冊です。
 巻頭カラーでは「和の美と知恵」と題し、日本の衣食住、庭園、茶の湯、生け花・盆栽に、風呂敷やのし袋などの「包む」文化を特集しています。日本が誇る「和の美しさと生活の知恵」をたっぷり盛りこみました。
 全編にわたって写真や地図にこだわり、掲載している図版は実に1,800点! 地図は大きく見やすく、写真のなかには類書にはない貴重なものもあり、必見です。
 こだわったのはビジュアル面だけではありません。年表や解説・コラムも充実させ、随所に知識を広げ理解を深めるための工夫をこらしています。近現代文学編で422人もの作家を取り上げているところも大きな特色といえます。
 言葉と表現編では、プレゼンテーションのしかたや電子メールの使い方、間違えやすい敬語など、社会人の常識として心得ておきたい項目を多数取り上げています。
 ほかにも、「貴族の一生」や近代作家のファッション、虎の形をした割り符など、ご紹介したい見どころはたくさんあるのですが、とにかくすみからすみまで楽しくてためになる情報満載です。ぜひお手元に置いて、さまざまなシーンにお役立てください。

主要目次

〈特集〉和の美と知恵

古典文学編
〈古典の舞台〉
〈古典の暮らし〉
〈古典の時間〉
〈古典の季節〉
〈古典の人と時代〉
歌枕・和歌文学地図
小倉百人一首
古典文学の流れ
作品解説
 和歌/史書/物語/歴史物語/軍記物語/説話/日記/歌謡/随筆/国学・儒学/小説/俳諧/芸能/近世の主な作品

 近現代文学編
〈近代文学散歩〉
〈近代の生活〉
〈戦争と文学〉
 近現代文学の流れ
 作家紹介
 小説/主な小説家/詩/短歌/俳句/主な詩人・歌人・俳人/評論/主な評論家/外国の文学

 漢文編
〈漢文の風景〉
〈漢字の歩みをたどる〉
〈目で見る漢文の世界〉
漢文学の流れ
作品解説
 詩文/史伝/思想

 言葉と表現編
〈話すこと・聞くこと〉
 話し合い・議論の種類
 ディベートのルール
 プレゼンテーションのしかた
〈文章の表現〉
 伝わるように書くための基本練習
 原稿用紙の使い方
 文章の構成
 小論文の基礎 小論文①
 反論を想定して書く 小論文②
 発想法を活用して書く 小論文③
 課題文を読み取って書く 小論文④
 データを読み取って書く 小論文⑤
 推敲の方法
 小論文のためのテーマとキーワード
 レポートの書き方
 読書感想文の書き方
 改まった手紙 通信文①
 案内状 通信文②
 はがきの書き方 通信文③
 手紙の定型表現 通信文④
 電話のかけ方
 電子メールの使い方
 敬語のまとめ
 間違えやすい敬語
 図書館の利用方法/インターネットで情報を集める
 インタビューの方法/アンケートの取り方
 履歴書の書き方
 面接の受け方
 志望理由のまとめ方
 文章の修辞法
〈言葉の知識〉
 仮名の発生
 漢字の構造/主な部首
 漢字の使い分け
 対義語/類義語
 三字・四字熟語
 難読語一覧
 日本の諺・慣用句
 現代用語
 古典近代 文芸用語一覧
 主要名数一覧
 現代仮名遣いの用法
 送り仮名の付け方
 外来語の表記
古典文法のまとめ
口語文法のまとめ
重要古文単語285
漢文を読むために
漢文重要語彙
故事成語
常用漢字表とその音訓一覧

  • facebookでシェア
  • twitterでシェア