当館では、『大漢和辞典』を始めとする漢和辞典を発行する大修館書店が、漢字や漢詩・漢文などに関するさまざまな情報を提供していきます。

新刊特集

新刊紹介

『新人教師のための漢文指導入門講座』

大修館書店HP商品ページへ

kanbunshidou

漢文の授業づくりを徹底サポート!

「誰でも教えられる漢文」をめざし、漢文指導のノウハウをわかりやすく示すテキスト。新人教師はもちろん、漢文指導に悩むすべての先生が、確かな授業力をつけられる実践的ヒントを満載。実例付で示す板書・ノート指導、漢字・辞書指導に加え、実力評価テスト、句法一覧、漢詩のきまり、Q&Aなど、すぐに役立つ資料も充実。

著者メッセージ

ツカダ先生がすすめる5つの指導法

1 まずは声に出して読む!
    音読に重点を置いて授業を組み立てましょう。読めれば「4割」理解できているのが漢文です。

2 訓読には「ゆれ」があるのが当たり前。
    小学校で暗記してきた『論語』、教科書の訓読と違って戸惑うことはありませんか。ルールがわかればいちいち驚くことはありません。

3 書き下し文・訳を学習目標にしない。
    現代語訳が「口語訳」なら、書き下し文は「文語訳」。いずれも内容理解に向けた学習のプロセスです。

4 不完全な板書を心がける。
    すべて書いてしまうのはもったいない。生徒が自力で調べる余地を残しましょう。

5 ノート添削は授業を映す鏡。
    生徒のノートを見ると、授業の何が伝わったか、伝わらなかったかがわかります。評価の対象とせず、気長にキャッチボールを楽しみましょう。

(本書カバーより)

主要目次

第1章  漢文指導の基礎・基本
  漢字の音訓にこだわる
  字音のいろいろ
  字訓のいろいろ
  もう送り仮名に迷わない!
  返り点指導のポイント
  書き下し文指導のポイント

第2章  漢文指導の実践〈準備編〉
  教材研究の十箇条―すべては教材研究のために
  注釈書はこう使おう!―参考文献の上手な使い方
  音読・暗唱の意義と指導上の注意点―暗唱のための暗唱に終わらせないために
  ノート指導の要点―ノート添削で生徒とキャッチボール
  辞書指導の効果的な方法―生徒の実態に即した指導を

第3章  漢文指導の実践〈教材編〉
  国語総合のタイムテーブル
   「矛盾」の授業に向けて―教材研究の具体的な手順
   「先従隗始」の授業に向けて―教科書をフル活用する授業
  「臥薪嘗胆」の授業づくり―史伝のおもしろさが伝わる授業に
  漢詩の授業に向けて―想像力を生かす授業の工夫
  『論語』の授業に向けて―教えすぎない授業を目指して
  「人面桃花」の授業に向けて―現代語訳の基礎知識
  「雑説」の授業に向けて―教材の魅力を発見する授業を

◆実力評価テスト
  1 故事成語/2 史伝/3 唐詩/4 思想/5 文章/6 入試演習

資料編
  漢文を読むために/基本句形の整理/漢詩を読むために
  漢文重要語彙/故事成語
  漢文教育に取り組む先生のためのブックガイド
  困ったときのためのQ&A

語句・事項索引

著者紹介

塚田 勝郎(つかだ かつろう)
1952年、新潟県生まれ。東京教育大学卒業。埼玉県立熊谷高等学校、同新座北高等学校勤務を経て、現在、筑波大学附属高等学校教諭。全国漢文教育学会常任理事。高等学校用国語教科書(大修館書店)の編集に長年携わる。共著に『漢文名作選[第2集]1 古代の思想』(大修館書店)、共編に『現代漢語例解辞典』(小学館)がある。

※著者紹介は書籍刊行時の情報です。


・「漢文教室」201号(2015年5月)に書評が掲載されました。

  • facebookでシェア
  • twitterでシェア