当館では、『大漢和辞典』を始めとする漢和辞典を発行する大修館書店が、漢字や漢詩・漢文などに関するさまざまな情報を提供していきます。

読み物

連載記事

「癌」と「がん」は違う?

 「癌」と「がん」は違うと聞いたら、どう思うだろう。「癌」のほうが重々しく学問的な感じがして、「がん」のほうがまだやわらかそうな雰囲気といったところだろうか。「ガン」もなんだかおそろしそうだ。たしかに同じ言葉を漢字・ひらがな・カタカナのどれで書くかで、読み手の印象が異なることはあり、そこが日本語表記のおもしろいところでもある。

 今回はそういう語感の問題ではない。「癌」と「がん」で指し示す内容が違うという意見があることが筆をとるきっかけになった。たしかに「癌」だけでなく「がん」という表記も多く存在している。どうしてそういう意見があるのかと、その意見が妥当かとは別の問題なので、わけて説明していく。

 まずはどうしてそういう意見があるかについて。
 この意見は2013年の日本癌治療学会の用語集にも一意見として載っていて、国立がん研究センターのホームページにも紹介されている。それらには「癌」と「がん」の違いはこう説明されている。

「がん」:悪性腫瘍全般のこと。癌腫以外に肉腫(筋肉や骨などが由来)や血液の腫瘍も含む
「癌」:癌腫と同義。悪性腫瘍のうち上皮性(肺や胃腸、卵巣・子宮など)のもの

 図で示すと下図の右側のような分類になる。いわゆる「がん」=悪性腫瘍は、どの臓器の細胞から癌細胞が出現するかによって分類されていることが多い。肺の細胞なら肺癌、骨の細胞なら骨肉腫というふうに呼ばれている。同じように悪性腫瘍でも由来となる臓器によって呼ばれ方が異なるのだ。いろんな臓器の中でも上皮性と呼ばれる、肺や胃腸、生殖器などの細胞が由来のものは癌腫といい、省略して肺「癌」のように「○○癌」と呼ぶ。非上皮性といわれる筋肉、骨などの細胞が由来のものは肉腫といい、骨「肉腫」のように「○○肉腫」と呼ぶ。ただ、白血病や脳腫瘍は同じ悪性腫瘍ながらこの呼び方が定着しているので例外になっている。この原則はおおよそ歴史を通して一貫しており、1959年にこういった命名法の規準が日本癌学会からだされている。

 問題は癌腫と肉腫をひっくるめた、悪性腫瘍の総称を何と呼ぶかだ。先ほどの意見だと「がん」ということになるが、1959年の命名法の規準には「癌」と「がん」の違いは書かれていない。ただ併記はされている。この申し合わせがつくられた経緯として、「癌は本来、悪性腫瘍中癌腫のことであり、肉腫を含まないものであるが、人類では癌腫の発生が圧倒的に多く、肉腫は少ないので、現在では悪性腫瘍を総称して癌といい、<中略>混乱があ」ったと1960~70年代の病理学の教科書には載っている。そしてその動向は「近年」であるという。実際「がん」というひらがな表記は、戦前の新聞等メディアには用例はあっても、医学用語としては見られない。戦前には癌といえばすなわち癌腫を指していて、肉腫は大きく取り上げられていなかった。今でいう「癌」の歴史は「癌腫の歴史」として書かれている。これを図に表すと上図の左側のようになる。

 そうすると図表の転換点、戦後~1950年代はどういう時代だったのか。
 表記の観点からいえば当用漢字表の告示があり、表外の漢字のかな書きや書き換えがすすめられた。癌は当用漢字には含まれなかったが、医学という専門分野は当用漢字の制限がゆるいので、今日に至るまで「癌」という字は使われている。ただ一方で新聞や放送といったメディアは当用漢字の制限対象であり、それぞれ用字用語の規準を設けた。戦後の新聞用語集には「癌→がん、障害」といったかな書き、書き換えが示されていて実際に1950年代以降新聞で「がん」というひらがな表記が増えていく。
 医学的観点からいえば、「癌」が医学上脚光を浴び始めるのがこの時期になる。日本人の死因の中で「癌」の順位はどんどんあがり、市民の目からも行政の目からも意識される存在になった。1950年代にはがんセンター構想が厚生省から示され、1963年に開設に至る。行政主導となると当用漢字の制限を受けることになり、「癌センター」ではなく「がんセンター」になったと思われる。当時に表記をどうするか議論があったようで、医学系雑誌や新聞をみてもどちらの表記も混在している。結局その後は医療政策関連では「がん」を、学会など学術的な分野では「癌」が使われる傾向にある。

 「がん」という表記が「癌」と違う意味を持つ経緯はこういうことになる。戦前まで「癌」は癌腫を指し、肉腫なども含む全体の概念は悪性腫瘍といわれていた。しかし医療での重要性が増すに従って「癌」が肉腫なども含めた総称として使われるようになった。ちょうどそのころ当用漢字表が告示されて、表外である「癌」は「がん」と書かれるようになった。メディアでは癌腫や肉腫の区別をとくにせず総称の意味合いで「がん」をつかうので、「がん」といえば悪性腫瘍全体というのが定着した。そのメディアの用法が医学という専門分野内にも入り込んできたということだろう。それを医学の側から再定義しようとしたのが最初にいう「癌」と「がん」は違うという意見なのだと思われる。

 では、これははたして妥当な書き分けなのだろうか。筆者はそうは思わない。日本癌治療学会の用語集には「がん」と「癌」は耳で聞いても区別できないという懸念が示されている。文字をみないとどういう意味なのか決められないのだ。昭和初期に医学用語を整理しようとする動きがあった時には「耳で聞いてわかる」というのが中心的で重要な方針だった。とするとこの区別は医学用語整理の流れに逆行するものになっている。メディアなどで使う漢字が限られる例や、語感の観点からひらがなにしておこうと思った場合などで、定義が変わってしまうようでは学術用語とは呼べないと思う。

—-

『一般社団法人日本癌治療学会用語・ICD-11委員会用語集(2013年版)』
赤崎兼義 (1966) 『病理学総論』改訂第4版
五十嵐義明 (1960) 「ガンセンターの設立計画をめぐって」厚生15(3)p.24-25
今井環 (1963) 『ガン』
緒方知三郎、緒方富雄 (1953) 『癌腫の歴史』
武田勝男 (1975) 『新病理学総論』
日本新聞協会 (1955) 『新聞用語言いかえ集』

  • facebookでシェア
  • twitterでシェア

おすすめ記事

体感!痛感?中国文化

医学をめぐる漢字の不思議

偏愛的漢詩電子帖

『漢文教室』クラシックス