当館では、『大漢和辞典』を始めとする漢和辞典を発行する大修館書店が、漢字や漢詩・漢文などに関するさまざまな情報を提供していきます。

新刊特集

近刊先読み

『煉丹術の世界―不老不死への道』

ajia80_rentan

2018.9.26 

記事を読む


(c)AKIOKA Hideyuki, KAKIUCHI Tomoyuki & KATO Chie, 2018

著者紹介

秋岡英行(あきおか ひでゆき)
1968年、兵庫県生まれ。1991年、大阪市立大学文学部卒業。1997年、大阪市立大学大学院後期博士課程単位取得退学。現在、大阪市立大学非常勤講師。訳書に『朱子語類』訳註 巻八十七~八十八(共訳、汲古書院)、論文に「術を以て術を伝う―陸西星『三蔵真詮』における扶乩」「朱元育の内丹思想―『悟真篇闡幽』を中心に」等がある。

垣内智之(かきうち ともゆき)
1968年、和歌山県生まれ。1992年、和歌山大学教育学部卒業。1997年、大阪市立大学大学院後期博士課程単位取得退学。現在、大阪市立大学非常勤講師。論文に「梁丘子の『黄庭経』解釈をめぐって」「星の光を呑む―存思による昇仙」「『上清大洞真経』の構成について」等がある。

加藤千恵(かとう ちえ)
1967年、愛媛県生まれ。1991年、愛媛大学法文学部卒業。2000年、大阪市立大学大学院後期博士課程修了。現在、立教大学教授。著書に『不老不死の身体―道教と「胎」の思想』(大修館書店)、訳書にリチャード・J・スミス著『通書の世界』(共訳、凱風社)、論文に「内景図覚書」「鉛汞小考」等がある。

※著者紹介は書籍刊行時の情報です。

  • facebookでシェア
  • twitterでシェア