当館では、『大漢和辞典』を始めとする漢和辞典を発行する大修館書店が、漢字や漢詩・漢文などに関するさまざまな情報を提供していきます。

新刊特集

近刊先読みバックナンバー

この書籍は既に刊行されています。

『石川忠久 漢詩の稽古』

大修館書店HP商品ページへ

漢詩の稽古

第三回 2015.6.30

記事を読む


第二回 2015.6.24

記事を読む


第一回 2015.6.18 

記事を読む


(c)Ishikawa Tadahisa,2015

著者紹介

石川 忠久 (いしかわ ただひさ)
1932年 東京都生まれ。東京大学文学部中国文学科卒業。同大学院修了。文学博士。現在、二松学舎大学顧問。二松学舎大学名誉教授。桜美林大学名誉教授。(公財)斯文会理事長、全国漢文教育学会会長、全日本漢詩連盟会長。元日本学術会議会員。
主な著書に、『漢詩を作る』『石川忠久 漢詩の講義』『日本人の漢詩』『漢詩人大正天皇』『大正天皇漢詩集』(大修館書店)、『石川忠久 中西進の漢詩歓談』(共著・大修館書店)、『漢詩の魅力』(ちくま学芸文庫)、『漢魏六朝の詩』(明治書院)、『漢詩鑑賞事典』(講談社学術文庫)、『書で味わう漢詩の世界』(書:吉沢鉄之・二玄社)、『東海の風雅』『茶をうたう詩 『詠茶詩録』詳解』『江都晴景 わが心の詩』(研文出版)、『身近な四字熟語辞典』『楽しく使える故事熟語』(文春文庫)、『漢詩と人生』(文春新書)などがある。

※著者紹介は書籍刊行時の情報です。

  • facebookでシェア
  • twitterでシェア